泥大島をさらっと着こなせる人になる決意

決意新たに

成人の日が過ぎて、ようやく1年が終わった気がしています。


年末年始も気が抜けず、連休は地方で泊まり込みだったので出張気分。
成人の方々の振袖着付けが終わってから魂が抜けたように燃え尽きていましたが
やっと少し戻ってきました。

 

体力がそれほどないのにガソリンがなくなるまで走ってしまうため
回復に時間がかかります。

何もしない日を1~2日つくって家にこもり
こもりきっても具合はよくならないので、だいたい外をゆっくりと歩いたりします。

 

今日も観光地浅草をひたすら歩き回り
寒風吹きすさぶ中、レンタルきものを着た観光客の姿を何人も目にして
今の自分に出来ることをやろう!
ともう一度前を向けました。

 

人は1人では生きられないとは本当のこと。
誰かを幸せにできる、心地よくしてあげられる、役に立てる
そう思えることがないと、なかなか動き出せないものです。

 

着物に関わることを選んだ自分の人生
さまざまな角度からとことん付き合わねば!と思いました。

 

 



 

泥大島に似合う人とコーディネート

 

ご縁をいただいて、濃い色の泥大島をいただきました。

 

黒を着るときつくなってしまう私が少し落ち着いた雰囲気を出そうとする時は、茶色がピッタリです。

 

この泥大島も肌馴染みがとても良い・・・!


ただ、私のメンタルがあと少し追いつきません。

まだまだヒヨッコから脱せず。

この泥大島を「何気なく普段着のように」着ること
着物に着られるのではなく自分が着こなすためにどうしたらよいか考えること
これが次の目標かな、と考えています。

 

 


2017年01月16日