なつみやについて

ご挨拶


なつみやでは
きものを毎日着ていた時代から受け継がれている伝統と現代生活を
無理なく結びつけるお手伝いをしています。

かつての着物は着方を習いに行くものではなく
日常服として着ていたもので
家にいる両親や兄姉、祖父母などが教えてくれたものでした。

そんなふうに自然にきものの着方を伝えられる
あるいは季節毎の行事を一緒に行える
あなたの家族のような存在として
なつみやは在り続けたいと思っています。

レッスンやイベントにお越しの際は
どうぞご自分の家のように気楽にお過ごしください♪

 

こんなことを考えている人におすすめ

  • きものは家にあるけど自分で着ることができない
  • とにかく面倒でなかなか着ようと思えない
  • 着付けができるようになりたいけど、何から始めたらいいかわからない
  • 和の文化や着物に興味があるけど難しそう
  • 資格がないときものを着られない気がする
  • 習い事は少人数で気軽な雰囲気が良い
  • 自宅まで来てくれる着付士を探している
  • 結婚式にきもので参加したい
  • 夏には浴衣を着てデートに行きたい

 

代表

保科菜摘子 Hoshina Natsuko


着付士
着付け講師(石川泰子きもの教育協会 助教授資格保持)
伝統色彩士協会認定講師

研究者である父の影響で10代の頃から伝統芸能や民俗学に触れる。
学芸員を取得した後、様々な伝統文化をみるうちに、特に日常的に着物を着ていた時代に憧れるようになる。なぜきものはあんなにも人の心を惹きつけるのか。まずは自分で着てみなければと思い着付けの世界へ。
着物の世界は奥深く、コーディネートの悩みを解決するため、染織研究家 吉田雪乃の下で勉強を始める。
2013年伝統色彩士協会認定講師取得
伝統色彩士協会認定講師としてパーソナルカラー診断を行いつつ、現代でも着やすい着付けやコーディネートアドバイスを行っている。

主な活動
ウェディングプランニング会社・美容室等と提携、「江戸の町から学ぶ茶話会」不定期開催、『InRed&GLOW 私流着物のある暮らし』(宝島社)、はじまりのカフェ講座(日本橋三越)、テレビ撮影着付け、伝統色彩士協会講師など